函館市文化・スポーツ振興財団

函館市北方民族資料館|学術的にも稀少な資料から北方の風土に根差した北方民族の足跡を知る。お電話でのお問い合わせは、0138-22-4128

Equipment outline


旧日本銀行函館支店

函館市北方民族資料館は、平成元年に併設館「函館市北方民族資料・石川啄木資料館」として開館し、その後石川啄木資料館が新たに「函館市文学館」としてオープンしたことにより、現在の「函館市北方民族資料館」として平成5年に再オープンしました。

当館の建物は、資料館になる前は「日本銀行函館支店」として昭和63年まで営業しておりました。これは、日本銀行函館支店としては「3代目」にあたる建物で、大正15年(1926年)に建築され、その後昭和29年に一部増改築されましたが、築90年以上を誇る建物であり、資料館となった現在でも大正・昭和の名残が随所に残っており、歴史的建造物や銀行建築に興味のある方にとっても魅力ある資料館となっております。

仕様(大正15年建築当初)等について

外観について

内観について

館内図

館内図アップ