財団の概要  関係団体リンク集

函館市文化・スポーツ振興財団 Foundation for Culture and Sport Promotion in Hakodate

〒042-0932 函館市湯川町1-32-1 函館市民会館内
TEL:0138-57-9734(代) FAX:0138-57-3115

八木 隆一郎 (やぎ りゅういちろう) 1906年~1965年

庶民を書きながら詩情豊かな抒情性をもち、八方破れな生き方でありながら純真な心をもった劇詩人。

明治39年4月17日、秋田県能代の向能代の八木財吉・ふみの長男として生まれる。本名財一郎。3歳の年、両親の離婚で母ふみに連れられて函館に渡る。7歳で函館市幸小学校に入学、13歳で庁立函館商業学校に入学する。その翌年から文学活動を始める。仲間と同人誌を発行するとともに、大正11年12月15日に創刊された「校友会雑誌」には、“八木小夜二”“八木青萍子”のペンネームで詩や俳句を投稿する。また文学活動のかたわら弁論部に所属し、大正12年10月27日に市公会堂で開催された中等学校弁論大会に、函商代表の1人として出場し、第2位に入賞している。隆一郎の演題は、「静夜静思」、「社会苦より宗教への過程」、「新生への曙光」といった宗教的色彩の濃いものが多かった。これは、在学中から熱心なクリスチャンとなり、会所町(現元町)のメソジスト教会で洗礼をうけたことが影響しているのだろう。
大正13年3月、函商卒業後青森県五所川原市の金木で代用教員となる。この間「3L」グループを結成、ガリ版刷りの機関紙を作り文学にますます入れ込んでいった。この間の仲間に竹内俊吉(元青森県知事)、坂本一義(元青森放送社長)等がいた。
大正15年6月、20歳で文学を志して上京。本屋・ポンプ屋を転々とし、雑誌経営の水守亀之助の書生となる。文学雑誌に小説を発表し激賞を受ける。昭和2年9月10日、隆一郎21歳の時、最愛の母ふみ死去する。29歳にして友人伊藤元吉の妹で加能作次郎の姪であるアイ子と結婚、30歳で自伝的手記「わが母は聖母なりき」を雑誌婦人公論に発表、後にテレビ化される。同年、出世作となったアイヌを題材とした戯曲「熊の唄」を執筆、明治座にて上演される。昭和13年、長塚節原作の「土」をシナリオに脚色、内田吐夢演出。翌14年和田勝一原作「海援隊」をシナリオに脚色して文部大臣賞を受賞。戦後の戯曲では、「望みなきに非ず」、「石中先生行状記」などが代表作で、昭和29年には、第5回NHK放送文化賞を受賞している。戦後の劇作69編、戦前のもの33編を合わせれば102編となり、まさに芝居作りの名人であった。
酒を愛し、漂泊を愛し、時にはそれが嵩じて八方破れの、とりようによってはでたらめな生活態度でありながら、純真な人柄に誰れからも愛された八木隆一郎は、昭和40年5月12日、脳溢血にて突如倒れる。同夜7時13分、池上本町松井病院で永眠。行年59歳であった。

本文/「ステップアップ」vol.72(1995.3)より
(写真・資料/「八木隆一郎戯曲選集」牧羊社、「八木隆一郎追想」北條秀司著 北斗社、「わが母は聖母なりき」秋田書店、「北海道文学全集」立風書房、「季刊・筏」グループ筏制作)


公益財団法人 函館市文化・スポーツ振興財団
〒042-0932 函館市湯川町1-32-1 函館市民会館内
TEL:0138-57-9734(代) FAX:0138-57-3115
財団の概要  関係団体リンク集

このウェブサイトに掲載の文章・イラスト・写真・音声その他のコンテンツの無断転載を禁じます。
© Foundation for Culture and Sport Promotion in Hakodate