財団の概要  関係団体リンク集

函館市文化・スポーツ振興財団 Foundation for Culture and Sport Promotion in Hakodate

〒042-0932 函館市湯川町1-32-1 函館市民会館内
TEL:0138-57-9734(代) FAX:0138-57-3115

宮崎 大四郎 (みやざき だいしろう) 1885年~1962年

啄木に対し変わらぬ敬慕の情を抱き、物心両面にわたって援助を惜しまなかった宮崎大四郎(郁雨)。

明治18年4月5日、新潟県北蒲原郡荒川村字荒川の宮崎竹四郎の長男として生れる。号を郁雨(いくう)と称した。20年頃、父の苦闘も空しく宮崎家は潰れ、父竹四郎は単身函館に渡り、大四郎は母と共に母の実家に預けられる。
明治22年春、父の迎えを受けて一家は函館に移住する。25年5月1日、私立鶴岡小学校に入学。27年、父は相生町において味噌屋を始める。38年3月北海道庁立函館商業学校を卒業。その後数ヵ月海陸物産問屋近藤商店に勤務。12月志願兵として野砲兵第七連隊に入隊する。
明治39年11月、除隊し帰函。年末に苜蓿社(ぼくしゅくしゃ)に加わる。40年1月、「紅苜蓿(べにまごやし)」第1号が刊行される。5月5日苜蓿社に石川啄木を迎える。7月7日啄木の妻子来函、青柳町の居宅に入る。41年4月7日、啄木が釧路を引揚げて来函。同月下旬啄木の上京に際し、家族を託されて、栄町の自家の貸家に居住させる。同年6月1日、陸軍砲兵少尉に任じられ、10月20日正八位に叙せられる。
明治42年6月、啄木の家族の上京を送り、大四郎も函館をたつ。10月26日啄木夫人節子の妹堀合ふきと結婚する。45年4月13日、石川啄木が東京で没する。
大正2年4月13日、岡田図書館長等と啄木追悼会を開く。その後、節子未亡人の依頼を受けて啄木の遺品を納め函館図書館啄木文庫を作る。
大正11年7月9日、今上陛下摂政宮殿下がおいでになる北海道行啓のおり、五稜郭において御前講演をする。12年、父竹四郎が没するやその後を承けて家業の味噌醤油醸造業に従事する。同年9月「函館戦争と五稜郭」を刊行する。
大正14年、社団法人函館慈恵院監事に選任され、昭和6年理事に、そして、8年常務理事に選任される。この年の8月味噌製造業を廃業し、栄町に味噌小売店を出す。
昭和9年3月21日、函館大火で栄町の店を類焼。新川町に書籍と保険と味噌醤油の小売店を出すが、45年でやめる。
昭和15年4月29日、支那事変に於ける功により勲六等瑞宝章を授与される。20年、還暦を記念して歌集「自画像」を刊行する。21年4月1日恩賜財団同胞援護会北海道支部幹事を委嘱され、9月26日、社会事業功労者として両陛下に拝謁する。同年、社団法人函館厚生院相談役に推薦され、11月には市立函館図書館嘱託となる。
昭和23年、函館引揚援護局総務部渉外課に勤務、25年には「函館引揚援護局史」を編さんする。31年、函館の郷土雑誌「海峡」に啄木関係の記事の執筆を始める。
昭和33年11月3日、函館市文化賞を受ける。この月に函館図書館に啄木を語る会発足。その中心となりほとんど毎回出席し講演する。
昭和35年9月、湯川の役宅で軽い脳溢血となり函館中央病院に入院する。11月5日、「函館の砂-啄木の歌と私と-」を刊行、病院で年を越す。
昭和36年4月13日啄木50回忌記念「函館と啄木」を阿部たつを・田畑幸三郎と共編刊行する。8月2日、病気が再発、一時重篤し、その後一進一退をくり返し、37年3月29日午前零時10分、78年の生涯を閉じる。
宮崎郁雨は啄木に変わらぬ敬慕の情を抱き、啄木の没後、函館啄木会を結成し、函館図書館に岡田健蔵と啄木文庫を設け、啄木一族の墓所を立待岬に定めるなど、渡道以後の啄木一家には、郁雨の存在は欠くべからざるものであった。

本文/「ステップアップ」vol.172(2003.7)より
(写真/函館市中央図書館、資料/「函館名士録」深井清蔵発行人、「函館のルーツを探る肖像画集」社団法人函館文化会刊行、「郁雨歌集・宮崎大四郎」宮崎捷郎発行、「函館引揚援護局史」函館引揚援護局発行、「御前講演本文蒐録」宮崎大四郎・永山力共著)


公益財団法人 函館市文化・スポーツ振興財団
〒042-0932 函館市湯川町1-32-1 函館市民会館内
TEL:0138-57-9734(代) FAX:0138-57-3115
財団の概要  関係団体リンク集

このウェブサイトに掲載の文章・イラスト・写真・音声その他のコンテンツの無断転載を禁じます。
© Foundation for Culture and Sport Promotion in Hakodate