財団の概要  関係団体リンク集

函館市文化・スポーツ振興財団 Foundation for Culture and Sport Promotion in Hakodate

〒042-0932 函館市湯川町1-32-1 函館市民会館内
TEL:0138-57-9734(代) FAX:0138-57-3115

ジョン・ミルン 1850年~1913年

函館、北海道をフィールドに自然科学の調査、研究を行ったお雇い外国人。

イギリスの鉱山技師で地震学者のミルンはリバプールで生まれた。ロンドンのキングス・カレッジおよび王立鉱山学校に学び、明治9年工部省工学寮教師に招かれて来日した。10年函館で研究調査し「渡島の火山を訪れて」と題した報告論文をアジア協会誌に発表。翌11年にはモース、ブラキストンらと函館の貝塚を発掘している。19年、東京帝国大学の設置とともに工科大学で、鉱山学・地質学を担当。13年、日本地震学会を創設、翌年の5月、ブラキストンの紹介で知り合った願乗寺(西本願寺函館別院)の住職堀川乗経の長女トネと結婚した。人類学・考古学にも造詣があり、函館、小樽で採集した石器時代遺物の考察をアジア協会誌に発表、シーボルトの唱えた日本石器時代人アイヌ説を支持した。28年6月、トネ夫人と共に帰国し、南イングランドのワイト島シャイドに居を構え研究を続けた。

本文/「ステップアップ」vol.80(1995.11)より
(写真/函館市中央図書館、資料/「北海道歴史人物事典」、「来日西洋人名事典」、「お雇い外国人・自然科学」、「日本の近代化とお雇い外国人」、「女の海溝」)


公益財団法人 函館市文化・スポーツ振興財団
〒042-0932 函館市湯川町1-32-1 函館市民会館内
TEL:0138-57-9734(代) FAX:0138-57-3115
財団の概要  関係団体リンク集

このウェブサイトに掲載の文章・イラスト・写真・音声その他のコンテンツの無断転載を禁じます。
© Foundation for Culture and Sport Promotion in Hakodate