財団の概要  関係団体リンク集

函館市文化・スポーツ振興財団 Foundation for Culture and Sport Promotion in Hakodate

〒042-0932 函館市湯川町1-32-1 函館市民会館内
TEL:0138-57-9734(代) FAX:0138-57-3115

深瀬 鴻堂(ふかせ こうどう) 1844年~1913年

コレラの予防対策と施療にあたり、当時の函館の医学界をリードした医術師。

弘化4年箱館に生まれる。父は米沢の医師であったが箱館に移住した。兄の洋春も当時の医学界に名を連ね、後年は町医となり医療に一生を送った。鴻堂は越前丸岡藩の竹内玄同に医術を学ぶ。玄同はシーボルトの弟子で蘭方3代医学者の1人である。鴻堂の功績はコレラの予防対策と施療にあった。明治10年清国に発生したコレラは東京・大阪・長崎で流行したとの報告を受け予防に着手したが、8月類似コレラに患った屯田兵2名の乗船した汽船の入港により函館にも伝染者が多く出た。15年、更に20年にも流行したが消毒予防の徹底、検疫を強化して被害を最少にくい止めた。明治12年、在函露人の推薦により、露国皇帝より神聖アンナ第3等勲章を贈られる。明治15年、函館県御用係医学所長・衛生課長・函館病院長の諸職を兼務する。明治16年、勲6等に叙し、単光旭日章を授ける。明治24年、函館病院付属医学講習所長職を辞して、富岡町に医院を開く。後に船見町に移り、更に高砂町に新築した。子孫は、松川町と宝来町で医療に従事している。

本文/「ステップアップ」vol.60(1994.3)より
(写真・資料/「北海道人名字彙」上・下 河野常吉著、「目で見る函館のうつりかわり」、「北海道社交倶楽部」市立函館図書館所蔵(★未確認)、「函館人物誌」近江幸雄著)


公益財団法人 函館市文化・スポーツ振興財団
〒042-0932 函館市湯川町1-32-1 函館市民会館内
TEL:0138-57-9734(代) FAX:0138-57-3115
財団の概要  関係団体リンク集

このウェブサイトに掲載の文章・イラスト・写真・音声その他のコンテンツの無断転載を禁じます。
© Foundation for Culture and Sport Promotion in Hakodate