函館市文化・スポーツ振興財団

函館市芸術ホール|2つの形に可動するホールや屋内・屋外のギャラリーなど幅広く利用できる芸術・文化の発信地 お電話でのお問い合わせは、0138-55-3521

北海道舞台塾 演劇ワークショップ 参加者募集

  北海道を中心に、演劇界の第一線で活躍中の演劇人が講師を務めるワークショップを開催します。「演劇
を使ったコミュニケーション」を通して「表現すること」や「相手に伝えること」の楽しさや魅力を体験でき
る、初心者から演劇経験者まで参加可能なワークショップです。
日  時
 1回目:基礎編 3月10日(土)午後4時~午後6時
     演技の基礎とは何か?声と身体を使い、ゲームなど実際に体験しながらコミ
     ュニケーション能力を高めます。
 2回目:実践編 3月11日(日)午前10時~12時
     実際に演じてみましょう!
     台詞を声に出すところから始め、台本を読み解き、登場人物のイメージを立
     て、演技に挑戦します。
      ※どちらか1日のみの参加も可能です ※当日は動きやすい服装でご参加ください
      ※水分補給のための飲料などは、各自ご用意ください
会  場
 函館市芸術ホール 地階ギャラリー
参 加 料
 無料
対  象
 小学生~一般
定  員
 各回20名(先着順)
申込期間
 1月11日(木)~2月12日(月)
申込方法
 お電話、もしくは直接窓口にて受付 ℡:55-3521(芸術ホール)

講  師:弦巻啓太
[脚本家、演出家、一般社団法人劇団弦巻楽団代表/札幌]

 1976年6月6日生まれ。
 高校在学中に脚本家、演出家として活動を始める。1996年、19歳で高校演劇で知り合った仲間
達と「シアターユニット・
ヒステリックエンド」を
結成。18作品の作・演出を務める。1999年には単独での東京公演も行い、積極的に活動。2003
年退団。同年「弦巻楽団」を旗揚げ。2006年正式に劇団とし
て始動。現在までに28回の本公演、4回の番外公演を上演。札
幌だけでなく、全国各地、海外でも上演を行う。 2004年より
「劇団ひまわり」札幌養成所で講師として活動(2008年まで
)。以降、演技、演劇指導者として数多くのWSを行う。200
9年より現代アートのプロジェクト「札幌ハプニング」を始動。
演劇経験のない一般市民と演劇作品を作り活動。(2017年現
在は休止中)2012年より「札幌座」のディレクターに就任。
2013年より扇谷記念スタジオシアターZOOの代表幹事(芸
術監督)となる。2013年よりクラーク記念国際高校クリエイ
ティブコース(声優専攻)講師に就任。2016年より日本演出
者協会主催・若手演出家コンクール審査員。
 ウェルメイドな作風と、繊細な人間描写で老若男女問わず評価
が高く、外部への脚本提供なども数多い。
 函館では、「ステージラボ2015」にてWS「よくばり編」
講師を担当。

■弦巻楽団HP https://www.tsurumaki-gakudan.com/
 


トップページへ戻る
  page top

函館市芸術ホール

〒040-0001 函館市五稜郭町37-8
TEL 0138-55-3521
FAX 0138-55-3586
E-MAIL geijyutu@zaidan-hakodate.com
ACCESS ◎市電「五稜郭公園前」下車 徒歩約10分
アクセスをご覧ください。
チケット情報 主催・共済事業 各種ダウンロード 施設概要 ご利用について ご利用料金 アクセス